アトピーに負けないっ!

アトピー克服した経験と方法をアトピーで生まれてくる子供のためにまとめたブログです

スポンサーリンク

日焼け止めの重要性とおすすめの選び方

 

こんにちは、皆さん。今日は、アトピー肌の私にとって欠かせないアイテムの一つ、日焼け止めについてお話ししたいと思います。アトピーを持っていると、日常生活の中で少しでも肌に優しいアイテムを選ぶことがとても重要です。特に夏場や紫外線が強い季節には、肌の保護が一層求められます。

 

まず、アトピー肌が紫外線に敏感な理由についてお話ししましょう。アトピー性皮膚炎を患っていると、肌のバリア機能が低下しがちです。これにより、紫外線が肌に直接影響を与えやすくなり、炎症やかゆみを引き起こす原因となります。また、紫外線は肌の乾燥を助長し、アトピーの症状を悪化させることがあります。そのため、日焼け止めを使用して紫外線から肌を守ることが非常に重要です。

 

日焼け止めを選ぶ際に考慮すべきポイントはいくつかあります。まず、成分に注目してください。アトピー肌には、アルコールや香料、パラベンなどの刺激の強い成分が含まれていない日焼け止めが適しています。成分表示をよく確認し、なるべく自然由来の成分や敏感肌用の製品を選ぶようにしましょう。

 

次に、SPFとPAの値についても考慮が必要です。SPF(Sun Protection Factor)は、紫外線B波(UVB)を防ぐ効果を示し、PA(Protection Grade of UVA)は紫外線A波(UVA)を防ぐ効果を示します。日常生活では、SPF30程度で十分ですが、屋外で長時間過ごす場合はSPF50以上のものを選ぶと安心です。PAについては、PA+++以上のものを選ぶと良いでしょう。

 

日焼け止めの塗り方にもコツがあります。まず、適量を使うことが大切です。顔全体には、500円玉大くらいの量を目安に均一に塗り広げます。塗り残しがないように、特に鼻や耳の後ろなどの細かい部分にも注意を払いましょう。また、汗や水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶと、長時間の外出時にも安心です。ただし、ウォータープルーフタイプでも汗をかいたり水に濡れたりすると効果が薄れるので、こまめに塗り直すことが重要です。

 

私が実際に使ってみておすすめする日焼け止めをいくつか紹介します。まず一つ目は、敏感肌にも優しい成分でできており、肌に優しい使い心地の日焼け止めです。また、トーンアップ効果があり、肌を明るく見せてくれるので化粧下地としても優秀です。

 

次に紹介するのは、軽いテクスチャーでべたつかず、肌にしっかりなじむ日焼け止めです。さらに、紫外線吸収剤不使用なので、肌への負担が少なく、敏感肌でも安心して使うことができます。

 

最後に、医薬部外品で、アトピー肌にも安心して使える処方の日焼け止めもおすすめです。しっとりとした使い心地で、乾燥しがちな肌もしっかり保湿してくれます。

 

まとめとして、日焼け止めの選び方と使い方をしっかり理解し、紫外線から肌を守ることは、アトピー肌のケアにおいて非常に重要です。適切な日焼け止めを選び、正しい方法で使用することで、夏場でも健康な肌を保つことができます。皆さんも、自分に合った日焼け止めを見つけて、快適な夏を過ごしてくださいね。