アトピーに負けないっ!

アトピー克服した経験と方法をアトピーで生まれてくる子供のためにまとめたブログです

スポンサーリンク

職場のPC環境を一新しました

 

職場環境の改善施策として、職場のPC環境を一新しました。 会社と交渉しても新しいPCと交換してもらえなかったので。 厳密にはPC交換自体はやってくれるのですが同じようなスペックのPCとの交換になるため意味が無いという話。

 

会社から支給されたPCが発売から8~9年経過する機種で、いまだにHDD&メモリ4Gという内容のためあらゆる動作が遅く、効率が悪いのです。 なにより深刻なのは作業スピードについてこれずプチフリーズすること。 途中で消えてやり直しになってしまった仕事は星の数です。

 

ココで言いたいのはこれが非常に強烈なストレスであること。 わたしはアトピーの原因で最大のモノがストレスだと判断しているので、長い時間すごす会社でストレス要因のPCと向き合い続けるのは難しいと判断し、究極的に転職も視野に入れて会社と交渉して自分で環境を構築することになりました。

 

会社が新しくPCを買ってくれない事は前提になりますのでじぶんのお金でPCを調達することになります。 幸い、わたしはPC大好きマンなので持ち出せるノートパソコンを持っているのでコストの問題はクリアできました。

 

ただし、会社にPCを持ち込むとなるとセキュリティの問題が発生しますからこの辺りはシステム部と調整しながらバランスとるようなイメージです。 なので会社のネットワークに入らないことにして、じぶんでポケットWi-Fiネットワークを用意しました。

 

このような運用の都合で、現在会社から支給されている化石PCとのつながりは途切れないことになりました。 会社のネットワークでやるべき業務は会社PCで行い、重たい業務、PCスペックを要求される業務はじぶんのPCで行うような使い分けになります。

 

*-*-*-*-*

 

実際この体制になって強く実感したのは普段の会社PCから受けていたストレスが思った以上に大きかったということです。 この体制にしてからは快適そのものです。 PCがすぐ立ち上がる、ブラウザがすぐ起動してすぐに調べ物ができる。 Excelの関数計算が早い、ピボットテーブルがフリーズしない。 あらゆるすべてがスムーズに動きます。 じぶんでWi-Fi環境を用意したのも正解でした。 会社のネット回線が非常に弱く、これもストレスの原因になっていることに気づくことができました。 

 

会社によってはこのような悩みに巡り合わないですが、巡り合ってしまった以上はどう向き合っていくかを考えていく必要があります。 会社に居る時間を「捨て時間」と諦めてしまうことも管変え方のひとつだと思います。 ストレス要素を100%なくすことはできませんが、交渉&調整のうえ環境を整え、ストレス要素を削っていく動きは大切だと思います。

 

昔はわたしの頭が固く、仕事に必要な道具は会社が準備すべきもの。 個人の持ち出しなんてありえないと思っていましたが、相手がやってくれなくて辛い思いをするのはじぶんです。 そんな環境に見切りをつけて転職するのも手ではありますが、相手依存でそういう判断をしてしまうといくら転職を重ねても結局のところ……みたいな感じになってしまいます。

 

最近ようやく折り合いをつけて向き合うことができるようになってきましたし、これによってアトピーも悪化しにくくなった実感があります。