アトピーに負けないっ!

アトピー克服した経験と方法をアトピーで生まれてくる子供のためにまとめたブログです

スポンサーリンク

いよいよ梅雨がやってきた???

 

 

梅雨時期がやってきましたね。私はこの時期になると、毎年湿度の変化に気を使うようにしています。なぜなら、湿度がアトピーに与える影響はとても大きいからです。アトピーを持っていると、湿度が高い日も低い日もそれぞれ異なる問題を引き起こします。

 

梅雨時期は湿度が高くなりがちですが、湿度が高いと肌がべたつきやすくなり、汗をかきやすくなります。その結果、肌が蒸れやすくなり、かゆみや炎症がひどくなることがあります。特に私の場合、湿度が高い日は首や肘の内側が特にかゆくなりやすく、ついつい掻いてしまうことが多いです。これを防ぐためには、やはり湿度管理が欠かせません。

 

家の中での湿度管理は重要です。私は梅雨の時期、湿度計を使って常に室内の湿度をチェックしています。理想的な湿度は50%前後と言われていますが、この数値を保つのは意外と難しいものです。湿度が高すぎる場合は除湿機を使い、逆に湿度が低いと感じるときには加湿器を使っています。特に除湿機はこの時期大活躍で、適度な湿度を保つことで、かなり快適に過ごせるようになりました。

 

スキンケアも大切なポイントです。梅雨時期は特に保湿が重要です。湿度が高いと肌が乾燥しにくいと感じがちですが、実際には肌のバリア機能が低下しやすくなっています。私は朝晩の保湿を欠かさず行うようにしており、お風呂上がりにはすぐに保湿クリームを塗るようにしています。特に私のお気に入りはセラミエイドの保湿クリームで、肌に優しく、しっとりと保湿してくれるので安心です。

 

また、梅雨時期は食事や生活習慣にも気を配るようにしています。バランスの取れた食事を心がけ、特にビタミンやミネラルを豊富に含む食品を積極的に摂るようにしています。例えば、緑黄色野菜やナッツ類などは肌の健康をサポートしてくれるので、毎日の食事に取り入れています。また、十分な睡眠も重要です。寝不足はアトピーの悪化を招きやすいので、毎晩しっかりと休息を取るように心がけています。

 

私自身の体験として、湿度管理を徹底することで梅雨時期のアトピー症状がかなり軽減されました。特に除湿機の導入は大きな変化をもたらしました。また、適切なスキンケアと健康的な生活習慣を維持することで、症状が悪化することなく快適に過ごせています。

 

梅雨時期はアトピーにとって厳しい季節ですが、適切な対策を取ることで症状をコントロールすることができます。皆さんもぜひ、湿度管理やスキンケア、そして健康的な生活習慣を心がけて、快適な梅雨を過ごしてくださいね。これからも、私の経験が少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。